マラソン大会への練習方法の参考なら

エントリー決定!こんな事なら宝くじ買っときゃ良かった・・・

 

マラソン大会に向けての練習方法、そして大会出場へ!

 

 2015年11月8(日)に開催される第27回いびがわマラソン。(H27.9.28追記 正確には28回でした。冒頭から間違えてるのが面白かったので記念に27回のままにしておきます)
 全国ランニング100選に18年連続入賞し、ハーフ・フルマラソン経験者なら一度は聞いた事があると思われる大会である。

 

 私が初めてフルマラソンを経験した大会。その後、間隔は空いたものの計3回出場できた。
平坦なコースはほとんど無いと言っていい位で、私自身ゴールタイムは制限時間ギリギリばかり。結構キツいフルマラソンコースの部類に入るのではないだろうか。

 

 でもまた出たいなぁ・・・楽しかったなぁと思わせる不思議な大会。
 そう思わせるのは沿道の応援やボランティアの暖かいサポートに心打たれ励まされ背中を押してくれる力を秘めているからで、途中で皆に生かされている事に気付く。ホロリと涙が頬をつたったランナーは私だけでは無いはず。

 

 飛騨高山ウルトラマラソンのステップレースとしては、11月という中だるみに差し掛かる時期に大会の雰囲気と感覚を取り戻すには持って来いのレース。それよりもいびがわマラソンは走った後の楽しかった余韻が長い!

 

 

 是が非でも出たい!!

 

 

 ・・・しかし出場ハードルは非常に高く・・・・・・

 

 

 @RANNETによる先着順出場エントリー(フル5150名&ハーフ3250名)

 

 ものの数十分で定員に達し締切りとなるのがここ最近の傾向で、年々エントリー定員到達時間が短縮しているのも人気のある大会だと理解するにはこれで十分なのだが・・・笑うしかないんだな。だってここ数年エントリー登録画面までフリーズして進まねぇんだもん。

 

 A郵便振替による抽選(フル600名&ハーフ400名)

 

 500円の申込手数料を期日までに納めれば、いびがわマラソン実行委員会による厳正な抽選によりエントリー資格が得られる。
 過去何度か申込みしているが、当選ゼロ・・・単なる実行委員会の資金集めかと思っていたのはここだけの話。

 

 RUNNETも駄目、抽選も駄目となると打つ手・・・がまだあった!

 

 Bいびがわ応援エントリー(地元枠・いび泊まり枠・いびがわ応援団)(先着フル250名&ハーフ350名)

 

 1)地元枠とは、エントリー時に住民票がいびがわにある方専用の枠。

 

 2)いび泊まり枠とは、いびがわマラソンホームページにあるいび泊まり枠(近畿日本ツーリスト)からの申込み。4名以上のグループエントリーを対象としている。

 

 3)いびがわ応援団は、揖斐川町ふるさと基金へ10万円以上寄付した方対象の枠。

 

 

・・・今年も無理だなと諦めながらも抽選申込みした所・・・当選しました!!

 

 大会まであと2ヶ月、あとは練習するのみ!どんな練習なのかは随時アップしていきますね。

 

 ここから入れますよ⇒2走目 いびがわに向けて・・・スピード練習は嫌いです・・・

 

 

 <H27.11.10追記 いびがわマラソン走って来ました。コースの事等何も記載していないですが、短編小説感覚で読んでみてはどうでしょうか? 6走目 2015いびがわマラソン にアップしました。>

 

 <H27.12.13追記 いびがわマラソン実行委員会事務局から郵便物届きました。いびがわマラソン実行委員会事務局からの案内用紙&完走認定証&いびっ子からのお手紙集が入ってます。コメント 6走目 2015いびがわマラソン にアップしました。>

 

 


 
トップページ メニュー詳細一覧 メールBOX