日々心境は変化するものですが・・・

人はイメージだけで前に進む原動力が得られる

 各地で様々なマラソン大会がある中で、皆さんは何を目標にして走っていらっしゃるのでしょうか?

 

  タイムを縮めるため?
  完走のため?
  雰囲気を楽しむため?
  仲間と一緒にゴールするため?

 

 今年はこのコスプレで走って楽しみたい♪と言う方もいらっしゃるでしょう。

 

 私は練習で苦しんだ分、大会で楽しませてもらう事に重きを置いています。雰囲気を楽しむタイプです。
 ドメインのsmile runnerが入っている理由はそんな所から来ています。

 

 最近の主要大会はカメラマンがランナーを撮り、後日大会サイト等で自分の走る勇姿が一覧で解る様になってますが・・・
 カメラマンを見るといつにも増して笑顔で応えていた私の写真は、私自身それを見ると恥ずかしくて顔が赤くなります。

 

 

 「・・・こんなに顔クシャクシャにして応えてたんだな・・・

 

 

 ・・・元に戻ります。 
 私も含め大会参加者に共通している所は「大会に参加している皆が同じ道を走る」と言う所であり、
同じ地点を通過するのにそれぞれ異なる点は走る速度・道路の真ん中か端側を走るのか、その時の体調・精神面でしょうか。

 

 大会にエントリーした後、主催者から案内や大会要綱が郵送で送られてきます。
 今は案内にコースMAPやコース高低図もついて、これにgoogleマップや大会に関するサイトでコース経験者の知識を合わせれば、ほぼコースの把握は出来たもの。あとは練習するだけ・・・でしょうか?

 

 

 マラソンは頭脳戦です。
 フラットなコースを走るのですら要所要所で頭をフル回転させていきます。
 距離が長くなればなるほど疲労感・最悪は足の痛みが重なり、最後には歩く事すら止めてその場に座り込む事態になる確率が高くなります。疲労感は思考も時に停止させます。
 私は座る事が駄目とは思いません。人それぞれ置かれている立場が違いますし、当日体調のすぐれないまま参加された方もいるでしょう。

 

  あなたは大会当日に座り込む状況を大会前にイメージしていましたか?

 

 そんなイメージを持って大会に臨む人は皆無だと思います。
 マイナスイメージは疲労が蓄積された場面で一気に噴き出して来ます。リタイアするケースもあるでしょう。
 精神面の弱さ、で片付ける方も中にはいらっしゃるかと思います。

 

 

  一体何が言いたいの?と思われるでしょうね。

 

 

 伝えたい事は、キロ毎に自分自身に問いかける作業を取り入れて下さい。

 

 5km毎なのか10km毎なのかは個人差があるので何とも言えません。
 もう一人の冷静な自分を心の中に作る事によって、ブレーキをかけてくれます。

 

 

  このままのペースでいいの?
  次の給水所では一口水を含む位にしようかな・・・。
  前のあの人と私は同じペースだからしばらくついていこうかな・・・。
  少しペースを落として10分程度様子を見よう。まだ先は長い!
  前見ると登ってるからここは思い切って大きくペースを落とそう。

 

 もう一人の自分に・・・危ない人みたいだな。
 けど大事な事なんですよこれって。

 

 上記記述はあくまで保守的な考えであり、逆のケースもありえると思います。
 その場その場の考えから、その先自分がどうなるかのイメージにつながれば完走したも同然です。

 

 しかしフルマラソンで10km過ぎて体が軽くなったと思ってイケイケで走った後に、25km過ぎには歩いていた・・・30km辺りでは歩いてストレッチしての繰り返し、次には5分座ったら歩き出そう、なんて事はお互い避けましょう。

 

 結構あるパターンですが、10km過ぎに後ろから勢い良く駆け出していった方を、30km地点前後で歩いていたので抜いていった、なんてのはある事です。

 

 

 冷静な自分を作る事によってようやくコースMAPや高低差等の覚えた事が活きてくると思いますよ。
 そしてゴールした時には「ここまでやれたっ!!」と自信につながる事は間違いないです。

 

 コース攻略と題名を入れてますが、コース攻略=自分自身の攻略と置き換えても差し支えない話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これだけ上記本文と離れていれば、気付かれずにスルーする方が結構いるのかもしれん。
 実はそれを狙っていたりもするんですけどね(笑)
 そう思うとちょっと気が楽だ^^  

 

 

 さぁ、上の記事は平成27年に作成した記事・・・だと思う。実はブログの立ち上げがいつだったか忘れてしまって。
 今これを入力しているのは平成30年の11月、約3年経過しています・・・あれからそんなに時間が過ぎたのか。

 

 そりゃあ3年も経てばね、考え方も物事に対する捉え方も変わる所があったりするんですよ。

 

 

 それでは上記本文読み返してみます。自分で書いた過去の文章を読むのはちょっと抵抗ありますが。

 

 ・・・・・・根本的な考え方は変わってねぇな(笑)

 

 ただ文章が硬いですね、それに尖ってんじゃねぇよっ!!って突っ込まれそう(笑)

 

 

 記録を追う方にすれば合ってるのかもしれないですね。
 けどもうあの時の私じゃない。

 

 今の私は、この記事を作成していた時の私に一言言いたい。 

 

 ここに追記する事が。

 

 

 「一人で走ってるんじゃない」

 

 

 この記事を書いた目的は、フルまでの距離の物でしょう。何となくそれは解る。

 

 今の私はフルマラソンに参加している方のマナーやモラルが、ウルトラに比べて若干落ちていると感じ、それ以降フルはしばらく走らない事に決めたんです。

 

 一つ例を上げると、時間を追うのは人それぞれ自由だけど、自由にあちこち紙コップ捨てていくのはどうなの?ってのがあって。

 

 走って疲れてるのも凄く良く解るんですが・・・一歩引いて、捨ててもスタッフの方が回収出来るゾーンってあると思うんだよなぁ。

 

 今のフルマラソンはマナーやモラルはどうなんだろうか・・・皆運営さんやボランティアさんに支えられて走ってるんだから。

 

 そして運営さんやボランティアさんよりも支えて貰ってる方々、コースを生活道路として利用されている地域の方々。
 正直、迷惑って思われてる地域の方はいらっしゃると思うんですよ。

 

 だから参加するならなるべく苦情の出ない行動を、走ってる時点で迷惑だと思われてるのなら、そういう気持ちが少しでも緩和される様にしていけばいいんじゃないのかな?

 

 エントリーフィー払ってるんだからって開き直られても、それででかい顔するのはちょっと違うんじゃないの?って思うんですよね。

 

 参加されてる皆が皆、そういう方ばっかりじゃないと思うけど、悲しいかなそういう方を何人か見てしまうとね。思ってる事が態度に出る、って言うでしょう。

 

 

 だったら参加しなきゃ見なくて済む、って私はなっちゃう訳です。

 

 あれから数年経って、どうなんだろう。
 おそらく向上してるはず。いや、向上していてほしいです。

 

 

 と言う事で、2019年は久し振りにフルマラソンにエントリーしようかなと。

 

 いびがわ?まだ先の話で、どの大会に出るのかは決めていません。

 

 この大会に出たい!!って思ってるのは京都マラソンくらいで。
 けど抽選だから出られるとは限らないしね。

 

 どの大会にしろ楽しめる環境であればいいな。
 これで3走目 締め括る事に致します。

 

 


 
トップページ メニュー詳細一覧 メールBOX