ただひたすら・・・

ウエストポーチにあれこれ詰めて「いってきまーす!」

マラソン大会に向けての練習方法、そして大会出場へ!

<しかしあれだな・・・先が見えない知らない道ほど不安になるものはないな・・・>

 

 

 

 地元でありながらも実は行った事も無い場所や通った事も無い道路なんてのは結構あったりするもので、用事でもない限り足が向くことはまずありません。
 私は現在地に居を構えて1年以上経過しましたが、知らない所ばかり。車で通る事もないです。
 「衣・食・住」とは良く言ったもので生活に関わる場所を最低限知っていれば日々過ごせるので何の不自由もしていないんですが・・・これが走る場所となると話が変わってくるんですよね。

 

 現在走る所は限られていて、今年の飛騨高山ウルトラマラソンの練習ではその限られたロード等を走り、大会では12時間を切る走りは出来たのですが、高みを目指すのなら練習方法や練習場所にもバリエーションが欲しいなぁと思っています。

 

 皆さんは練習の時に距離の設定をしているのでしょうか?
 私は普段は20km以内の距離設定で練習を行っています。翌日に疲れを残さないのはこれくらいの距離が私にはちょうど良いみたいです。
 ただしウルトラマラソンを控えた期間や、体に喝を入れたい時には50km走を行っています。

 

  参考になるかどうか解りませんが、私の50km走の設定です。

 

 

 

 私が50km走を行う道路を調べた際には条件をつけました。それは、

 

 ・片道25kmで往復50km、25km地点にはちょっとした観光ポイントみたいな場所があり、コンビニや自販機が要所にある道。

 

 ・25km地点の観光ポイントは、神社仏閣・公園等、要は一息入れるために静かな場所

 

 ・コンビニはトイレ・水分や食料調達、自動販売機は水分調達

 

 ・道の駅があったりする(無くても良し)

 

 この条件の道を5〜6時間(6分/km辺り)で走りたい。

 

 

 調べるとありました。上記条件にあった道路。

 

 

 あとは日にちを決めて走るだけ・・・とはいかないんです。
 6分/kmで何時間も走る下地を作らなくてはいけません。

 

 あっ!私は6分/kmのラップタイム設定をしてますが、ここは8分/kmでも10分/kmでも全然いいんですよ。
 長い距離を走る時は楽しまないと♪

 

 下地を作ると言っても、8分/kmペースも10分/kmペースもこのペースを20km持続出来れば問題ないかと。
 えっ!20kmも走るのかって?これから50km走ろうって方が20kmでガタガタ言ってはいけません。

 

 

 私が6分/kmの設定にしているのには訳があるんです。
 私が50km走を始める時間は大体8:00、帰って来るのは14:00辺りです。

 

 それからシャワー・洗濯・ご飯作って落ち着くのが17:00頃。
 ご飯食べて風呂と寝る準備して20〜21時には就寝します。
 この横になる時の気持ちいい事♪
 息切らして走ってる訳でもないので、程よい疲れで眠れます。

 

 一度8分/kmで50km走を行った時は、消化不良でした。
 次の日に鬱憤晴らしで爆走したのを覚えてます。

 

 と言う事で6分/km設定にしている訳は、走った後に普段の生活にすばやく戻すためと、消化不良で翌日暴走するのを抑えるためです。早く終われば家の事を行う時間も作れますし、睡眠時間を多めに取れば回復に努める事も出来ます。
 しばらくは6分/kmのペースを変えるつもりはありません。

 

  これを8分/kmペースで行った場合、約7時間
     10分/kmペースで行った場合、約8時間30分 ・・・かな?(どんぶり勘定はお手の物♪)

 

 50km走開始時間8:00スタートにすると、
     8分/kmペース 8:00〜15:00
    10分/kmペース 8:00〜16:30 前後です。

 

 「走った後はのんびりしたい!」と言う方は8:00のスタートを7:00、思い切って5:00スタートなんてどうでしょう。

 

 

 次に持ち物です。
 私はウエストポーチに以下の物を入れていきます。

 

 ・小銭入れ(2000円程度)
 ・家の鍵
 ・スマホ&イアホン

 

 以上です。

 

 ドリンクホルダー付きのウエストポーチもありますが、走る度にペットボトルが踊るので私は現在使用していません。
 基本ペットボトル等の飲み物は手に持って走る様にしています。

 

 荷物はなるべく少なく、が小旅行の基本ですよ。
 あれこれ持って行くと太腿に膝や足首、足の裏まで違和感が出てくるケースがあります。
 乗り物代わりの大事な足ですから、負担を少なくしてあげて下さい。

 

 いかがでしたか?
 コースもペース設定も持ち物もバッチリ!ウエアも着るだけ。あとは早目に就寝して翌日の出発時刻に遅れない様にして下さい。
 初めて50km走を行った方は、走り終わった時にドッ!と疲れが出てくるはず。
 けどそれだけ頑張った証拠です。自分をたまには褒めてあげて下さいね。

 

  仕事の疲れとスポーツの疲れは全く違いますよ。スポーツの疲れはすがすがしい♪

 

 

 あれこれ記載しましたが、初めから50km走の練習を取り入れてた訳ではありません。
 失敗もしてきました。
 私の失敗から参考になる事もあると思いますので、次走にて記載していきます。

 

 次走 5走目 真説 ウエストポーチにあれこれ詰めて「いってきまーす」

 

 

 

 


 
トップページ メニュー詳細一覧 メールBOX